救急車に乗ってしまった

昨夜、腹痛と下痢と嘔吐と気分悪さで
ついに、救急車を呼んでしまったのでした。


救急車に乗ると治ってしまったのでした。



救急車の人々のやさしかったこと!
親戚のおっちゃんおばちゃんが、すぐかけつけてくれたこと!
父と母も懸命にさすったりもんだりしてくれたこと!
その他、心配かけてしまったけど、
心配する事ではなかったです。
よかったんだけど、もうしわけない。



その後も腹痛や気分悪さはじーわじーわと残っているけど
今日、お医者行って点滴うってもろたら、ふらーとするけど
いつもの生活を送れるようになりましたよ。

ついぞ24時間前が嘘のようです。
トイレで吐き気と腹痛で、ぐったりしておりましたな。

せんなアカンことは、早めにしてしまうのがよろしいですね。
そう思ったのもつかの間
いつもの生活になってしまいました。


たぶん、救急車に乗ってなかったら、腹痛や吐き気はもうちょっと続いてたんだろうな。
救急車の安心感って特効薬だね。
ちゃんとひどい病気や怪我の時は乗っても痛いんだろうけど。
[PR]
Commented by okumura at 2007-11-09 23:55 x
検査とか しっかり してもらった~?
いつもの生活に戻れて良かったけど・・・・
朝晩寒くなってきたから十分気を付けてね~
お家の方々、吃驚なさったでしょうね~
くれぐれもお大事に。
Commented by けーやん at 2007-11-10 00:23 x
症状、そうだったんだね。今は大丈夫?
日頃からの体調管理って大切なので、充分、診てもらってね。
無理しないでねー!
Commented by kerorikawa at 2007-11-10 22:22
>okumuraさま
検査とかは、日中に行かなきゃダメみたいでしたよ~。
家族親戚に、かなり心配かけましたが、嘘のように、いつもの生活送っていますよ。
Commented by kerorikawa at 2007-11-10 22:24
>けーちゃん
今となっては、食が減りましたが、まぁ他は普段に近いです。
無理しているんでしょうかね~・・?
by kerorikawa | 2007-11-09 21:44 | ツブヤキ | Comments(4)

久保田裕美(くぼたゆみ・Yumi Kubota)の、壁画制作や、展覧会情報、ヒマツブ誌や、日常をぼちぼちと♪