とりあえず渡した!

審査してくれる先生、3人のうちの1人にやっと会えて、
とりあえず思ったことを書き出してみた文章を渡したよ。

先生あのね級の文章と、データそのまんまのファイル。
放課後、先生とお話できるよ。
何て言われるんやろう。。


最近、論文の事に関してはあちこちで話すたび叱られてるので、
今回もその波に乗って叱られるんかね。

叱られてもええので、具体的にどうやってまとめたらええのかわかって、書き始められたらいいな。。


昨日、友人に論文の話をして、幼稚な言葉ながら、流れを作った。
友人は「これで大丈夫や!」と言うので、
私は「論文の完成を100%としたら、今、何%くらいできた?」と聞くと
友人は「これでスタートラインに立てたところや」と答えた。

ゼロかいな・・・
実は私、まだゼロだったようです。。。
ゼロのくせに先生に見せてしまった。
まぁ、先生もできの悪い子が居なきゃ仕事にならんよね。


実習で、指導案書くとき泣いたこと思い出したわ。
根っからの苦手なんやろうね。
手紙とかで「え?何がいいたかったん?」ていう文章書くんは大得意やねんけど、
読書感想文とか何とかの作文は、昔っからわけも分からずにやってたわ。

今でも書かれへんわ・・・読書感想文なんて。

とりあえず、論文のスタートラインに立てたようなので、てさぐりながら進まんななぁ。
・・・進めますように。。
[PR]
Commented by okumura at 2006-12-21 23:45 x
スタートラインに立てたらミドリちゃんの勝ち!
どんどん進めるわよ~
Commented by kerorikawa at 2006-12-22 14:40
>奥村さん
え、もう勝ってるんですか。。
先生から、少しスタートラインの変更を要求されました。。
Commented by okumura at 2006-12-23 23:46 x
スタートラインの変更を要求された???
ミドリちゃんらしいね~
Commented by kerorikawa at 2006-12-26 13:54
>奥村さん
う、うちらしいですか・・・
by kerorikawa | 2006-12-21 15:38 | ツブヤキ | Comments(4)

久保田裕美(くぼたゆみ・Yumi Kubota)の、壁画制作や、展覧会情報、ヒマツブ誌や、日常をぼちぼちと♪