けろりかわのヒマツブシ kerorikawa.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

久保田裕美(くぼたゆみ・Yumi Kubota)の、壁画制作や、展覧会情報、ヒマツブ誌や、日常をぼちぼちと♪


by kerorikawa
プロフィールを見る
画像一覧

小説の読み方


c0083165_18235390.jpg

ヒマツブ誌64より





[PR]
Commented by えふでのくま at 2014-06-10 20:09 x
へぇー、ゆみちゃんは、あとがきは、最後に読むんだね?僕の場合は、一番最初にあとがきを読んで、作者のモノの見方を知ってから、最初に戻って読んで行くんだ!・・・で、最初の出だしが一番好き、それで最後まで読もうかどうか、決めるんだよ。でも此の頃のものは、あまり面白くないなーっ。そ、そっそうだよ!ゆみちゃん、小説書きなよ!だっつたら、俺、すぐ読むと思う。(絶対、面白いもの書けそう!、挿絵入で、、さ。)
Commented by kerorikawa at 2014-06-10 22:00
>えふでさん
小説の一番すきなところはやはり、一行目なので、何も考えずに一行目を読みたいのです、私は。
あとがきから読むと、わかりやすいですね。
最初の出だしは好きですが、その勢いがしぼむと、ラストを見ますね。もともと字の本を読まないので、読解能力が低いんです。
私が小説を書くと、あらすじになりますよ。
by kerorikawa | 2014-06-10 18:24 | ヒマツブ誌 | Comments(2)