けろりかわのヒマツブシ kerorikawa.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

久保田裕美(くぼたゆみ・Yumi Kubota)の、壁画制作や、展覧会情報、ヒマツブ誌や、日常をぼちぼちと♪


by kerorikawa
プロフィールを見る
画像一覧

ヌーの裏のおうちの壁画


c0083165_2034251.jpg

昨日はヌーに行ってきました。
(ヌーとは大阪駅の東側、阪急梅田駅の北東にある茶屋町にある、きれいなショッピングスポットです)

茶屋町のアートピクニック時に
スタンプラリーしたのが、当たったんです。
ヌー千円の商品券。
母が。

それを握りしめて、いざヌーへ。

この前見ていた、ムーミンのカバンを買おうと
その雑貨店を探したら
ちがう雑貨店に入っていて

買ったのは

地獄の本。


帰りの電車で読んだものの
途中で、これ以上読むと快く電車の旅ができないと思ってやめました。


c0083165_20402321.jpg

去年の夏に描いた壁画は健在です!

Thanks!
[PR]
Commented by エイト at 2013-07-24 23:39 x
お、、茶屋町といえば、

ハイカラさんが集う町と聞きます。

こんな場所にも、久保田さんの絵が
描かれてるなんて。

ミツバチさんとパステルカラーがキレイっ
是非、一度は見に行きたいものです。

この絵を見ると気持ちルンルンに
ならざるを得ない状況に陥りそうです。
(ミツバチさんはブンブンですね。)

「フン♪ フン♪と鼻歌を歌うかもしれません。」

そんな、絵を描ける
久保田さんが羨ましい限りです。

あ、カエルの着ぐるみ是非機会が
あれば紹介して下さるとうれしいです、、
と作りたいと思ったものの、

その後の活用法をはいかがなものか
と考えながら
今日仕事をしてましたw
でも、着て仕事をすれば
いいものができるかもしれないなと
真剣に考えてます(笑)

エイト
(コメントが長くなりました、、
すみませんw)
Commented by kerorikawa at 2013-07-26 12:48
エイトさん
茶屋町はハイカラさんの町です。
今まであちこちに描かせてもらった中でも、異色の町でしたね。
外国の方にEnglishで声をかけられたのも、ここだけでした。

着ぐるみの活用法は、仕事場で着られるのでしたら、
これを仕事の正装とするのもいいですよ。
祭りのはっぴみたいに「これを着たら本気でやる!」という意識で取り組むのもいかがでしょうか。
着心地は不便・不快な所も多いですが、
注目されている分、気が引き締まるかもしれません。
by kerorikawa | 2013-07-23 20:43 | 壁画 | Comments(2)