ブログトップ

けろりかわのヒマツブシ

夢のトイレ

昨夜、NHKの番組で
「すべてのアイディアって、つぶせる。」という言葉があり、
なるほどな~とおもいます。
意味としては、アイディアって、否定しようと思えばいくらでも否定できる。
しかし、否定してしまえば、何にも無くなるということです。

今朝の夢に出てきた
焼却炉にあるトイレも、トイレを改築した職員室も、否定できてしまうんだ。

夢の世界でそれが実現しているということは
誰かがそれに価値を見出し、誰かがそれを作る労力、費用以上に喜びや必然性を感じて
実現されたんや。

トイレで用を足したかった私にとっては
ごみを燃やしたばかりで、熱すぎて使えない焼却炉のトイレや
やっとみつけたトイレが職員室になっていたことは、苛立ちさえ感じたけど。

テレビで「1の成功のために99の失敗がある」と言ってたので
このトイレたちは1のための99だったんだと思います。

いつになったら、1のトイレと夢で巡り合えるんだろうか。

きれいな洋式便器が、あたり一面に広がっているトイレと、
便秘の私を、スマップが励ましてくれるトイレは、
1に結構近いトイレだったなー
[PR]
by kerorikawa | 2013-07-01 00:02 | ツブヤキ | Comments(0)

久保田裕美(くぼたゆみ・Yumi Kubota)の、壁画制作や、展覧会情報、ヒマツブ誌や、日常をぼちぼちと♪